TCCファウンダーパッケージの配当って幾ら?!シュミレーションしてみました。

こんにちは、ビットサーファーです。   また、ビットコインは33万円の最高値を更新しそうです。 まったく勢いはとどまるところを知りませんね。   そして、ビットコイン供給量は10年後には1,700万BTCに達します。 そして予測されている時価総額では、1兆7500億ドルと言う数字が有力だと巷では言われているのですが、これを割れば1BTCの価格が出ますよね。   ちょっと計算してみますね。 10年後の1BTCの価格は、10万ドル。 1BTC=1,000万円。。。   これはわたしの大好きな絵に描いた餅計算ですが、5年前の2012年5月のビットコインがまだ406円だった頃に、誰が700倍の30万円になると予想したでしょうか。   馬鹿じゃね? なんて言われてたと思います。     そこで、唯一入口出口共にビットコイン建ての投資案件トレードコインクラブ TCCです。 あと残り100枠を切ったと連絡があったので、ファウンダーパッケージという餅も絵に描いてみました。   TCCの1日の利益は70億円だと、先日翻訳した動画で言っていましたのでこれを根拠に計算してみますね。 動画はこちら   土日の利益はTCCへと入る仕組みになっていますので、土日は1年に約96日。 ここから営業利益を計算すると6,720億円。 経常利益率はわからないですが、昨日でジョフがTCCでは、232人が働いていて、会員数は131,000人を超えたと言っていました。 ある程度コストも掛っているという事で、経常利益を50%の3,360億円としますね。 掛りすぎですが(笑)   ファウンダーパッケージ購入者の特典は、TCCの利益の2%を1,000人でシェアできる事。 とすると、3,360億円の2%で67.2億円。 これを、1,000人で割ると、1人当たり672万円也。 10BTCコインの投資で、1年の配当が672万円という計算になりました。     マジで!?と言う感じですが、この計算の根拠はTCCの動画で言っていた24時間での利益のみで、あとは推測になります。 もちろん全くあてにはならないかもしれませんよ。  …

Read More